自動ブレーキは「ぶつからないクルマ」?

私たち軽貨物業界で使用する車両にも「衝突被害軽減ブレーキ」を搭載している車両が増えてきましたが、実際事故を未然に防ぐ機能はどの様に機能しているのでしょうか?


車や人を検知して、事故を未然に防ぐ「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)が十分に作動せず、事故に至ったとの報告が2017年の1年間で72件、国土交通省に寄せられていたことがわかった。国内では03年から自動ブレーキを装備した車両が市販され、その後、急速に普及。16年に生産された乗用車の66%(約248万台)に搭載されている。「ぶつからないクルマ」と評されることも多い自動ブレーキ搭載車で、なぜ事故が相次いでいるのか。

「ブレーキが勝手に作動」249件

今年7月、「自動ブレーキ事故72件」の報道があった。2020年に高速道路での自動運転実用化へ向けた開発が進められているさなか、こうした報道は、自動車メーカーも消費者も、自動ブレーキに対する正しい理解と使い方の認識が不可欠であるとの警鐘を鳴らしたと言える。

 国交省によると、昨年にドライバーやメーカーなどから報告のあった自動ブレーキのトラブル情報は計340件に上る。

 安全性の技術的検証を行っている独立行政法人・自動車技術総合機構の交通安全環境研究所が分析したところ、自動ブレーキが十分に作動しなかった例は88件あり、そのうち72件が接触や追突などの事故につながっていた。歩行者がはねられて死亡した事故も1件あった。

 一方で、不必要な場面で自動ブレーキが勝手に作動したという例が249件あり、そのうち10件が予期せぬ急減速・急停止で後続車に追突されるなどしたという。

衝突被害軽減ブレーキが作動しない六つのケース

 作動速度とは別に、クルマが走行するすべての状況で衝突被害軽減ブレーキが機能するとは限らない。
 自動車事故対策機構は、次のような状況の場合、衝突被害軽減ブレーキの作動に注意が必要としている。

 【1】夜間や雨天の場合
 【2】窓に汚れがある場合
 【3】ダッシュボード上に置かれたものが窓に反射している場合
 【4】検出装置の前に遮断物がある場合
 【5】精度保持のためのメンテナンスが不足している場合
 【6】歩行者が飛び出してきた場合

 こうした状況は、ドライバーの目にも前方の状況がつかみにくかったり、瞬時に対処しにくかったりして、危険を回避するのが難しい。衝突被害軽減ブレーキという装備にとっても、これと同様であることを示している。

一般の方々よりもハンドルを握っている時間が長い私たち軽貨物ドライバーは、「衝突被害軽減ブレーキ」を過信せず、「心のブレーキを踏む」ことが予期せぬ事故を未然に防ぐ最大の防衛策ではないでしょうか?
もしかしたら人や車が飛び出してくるかもしれない」と意識してかもしれない運転をする、「見通しの悪い交差点は、構えブレーキを心掛ける」この様に日々の運転で心掛ければ事故に合う確率は限りなく低くなると思います!!

忙しい時ほど「心のブレーキを踏む」ことを心掛けて安全運転で仕事頑張りましょう!!

運送業者としてまだまだ小さい弊社ですが、少しでも軽貨物運送業界の実情を皆様に知っていただくことが、私たちの使命だと考えております。
もし、軽自動車での配送という仕事に興味があるけど一歩踏み出せない方、運送業の実情をもっと詳しく聞きたい方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

詳しいお仕事流れはこちらから→https://www.aline-exp-recruit.info/home-1