軽ワゴンを黒ナンバーにするには?

軽ワゴンを黒ナンバー登録するにはどうすれば良いのか?

私の体験をまとめましたのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支局輸送窓口に経営届、連絡書、車検証を提出するまでは、軽バンでも流れは
同じです。

軽ワゴンを事業用として黒ナンバーにするのは、「構造変更」正式には構造等変更検査が必要です。

ここで疑問がおこりました。

構造変更が先なのか、それとも、支局輸送窓口に届出を提出するのが先なのか?

「連絡書はどうやって書けばいいんだろ?」車検証には、最大積載量も記載されてないし。しかもワゴン登録だし。

そこで、同業者にやり方を聞いてみると「そういえばだいぶ前に誰かが...」あてにならない答えが。

続いて、整備工場の方に聞いてみると構造変更のやり方、黒ナンバー登録のやり方はそれぞれはわかるけれど

構造変更と黒ナンバー登録を同時に行うやり方はわからないと...

困った!どうしよう。

そうだ、軽自動車検査協会に聞いてみよう!

「軽ワゴンの構造変更と黒ナンバー登録を同時に行うにはどのようにすれば良いのか?」

審査官の方が疑問に丁寧に答えていただきました。

まずは、支局輸送窓口に、経営届・連絡書・車検証を提出する。この時に「車両は構造変更を行う」と伝えて提出します。

すると連絡書に、要構変(要構造変更)のスタンプを押してもらえます。

その連絡書と車検証をもって、軽自動車検査協会で、構造等変更検査を受けます。

検査終了後、最大積載量が算出され車検証と黒ナンバーが発行されます。

一連の流れを説明すると以下のようになります。

①届出書提出    支局輸送窓口
②継続検査     軽自動車検査協会
③構造等変更検査  軽自動車検査協会
④黒ナンバー発行  軽自動車検査協会

※構造等変更検査は継続検査とセットになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

軽ワゴンを黒ナンバーにする手続きと流れをご説明しました。
副業として軽貨物事業を始める方も多いと思います。

ご自身の軽ワゴンを黒ナンバーにすることも設備投資を最小限に抑えるためには
良い選択肢となるのではないでしょうか。

次回は、軽ワゴンの場合の連絡書の書き方、構造等変更検査を受ける場合の注意点
をご紹介します。